刈り取るタイミングを見極めてこそプロ|芝刈りをするなら気候を考慮

一軒家

芝生との付き合い方

芝刈り機

芝生は一見どの種類も同じように見えてしまいますが、大きく分けて暖地型と寒地型の2種類があります。暖地型は、暑さと乾燥に強く、夏の30度以上の高温になっても成長することができることから夏芝とも呼ばれています。10度を下回ると生育が止まり休眠しますが、春になると再び生育が再開します。高麗芝や野芝が暖地型と言われています。寒地型は涼しい地域で生育を好み15〜20度の春や秋に良く生育します。5度以下になると生育が停止しますが、冬でも緑色の葉のため常緑型や冬芝とも呼ばれます。寒地型の芝生を慣用的に西洋芝と呼ぶ場合もあります。ペレニアルライグラスやケンタッキーブルーグラスが寒地型と言われています。芝生の種類によって生育の時期が変わり、芝刈りのタイミングも変わるので住んでいる地域の気候を考え適切な芝生を選びましょう。

芝生は種類によって生育が変わるように芝刈りのタイミングも変わるため、生育に合わせて芝刈りを行っていく必要があります。暖地型は4〜9月にかけてが成長が旺盛なためその期間に月1〜3程度行っていきましょう。寒地型は3〜12月にかけて生育していくため、暖地型よりもこまめなメンテナンスが必要です。春と秋に月1〜3回程度、4〜9月にかけては週1回程度行っていく必要があります。ただ、一回一回の作業量は意外に多く、草刈り後のごみ処理まで行なうと、結構な手間になってしまいます。そのため、基本的には業者に芝刈りを依頼するのがいいでしょう。芝刈りのために機材を準備するよりも、手間と費用を削減することが出来ます。刈り取るタイミングを見極めてこそプロだと言えるでしょう。

おすすめ関連リンク集

  • 草刈り業者おすすめナビ

    面倒な草刈りは専門の業者に依頼すると良いですよ。頼りになる存在を探している方は、ランキングサイトをチェックしてみましょう。
  • 砂利110番

    プロがしっかりと砂利の工夫を行なってくれるので安心して任せることができるようになります。気になる人はこちらにアクセスしてみるといいです。

ガーデニングを楽しむ

ガーデニング

間伐は生い茂ってしまった樹木が、周りの環境に著しく悪影響を与えているときに行わなければなりません。この作業を行うことで周囲の樹木の健やかな成長が見込まれます。きれいですっきりとしたガーデニングを楽しむためには、なくてはならない作業になります。

詳しくはこちら

庭いじりに欠かせない作業

園芸

剪定は、庭でガーデニングを楽しむにあたって欠かせない作業です。お年寄りや女性にとっては少々大変な作業なため、剪定のプロである専門業者へ依頼する方法がおすすめです。剪定だけでなく、後始末や適切なアドバイスをしてくれるため、ガーデニングを楽しむ人にとっては欠かせない存在です。

詳しくはこちら

樹木を植え付けるとき

住宅

伐採と抜根に必要な道具はスコップとのこぎりです。伐採の時にはのこぎりを使って幹を切り、抜根にはスコップで掘り根を切ります。スコップで切れない根はのこぎりで切ります。作業する前にはしっかり計画を立て、複数人で作業していくことが大切です。危険な時は専門家に頼りましょう。

詳しくはこちら