刈り取るタイミングを見極めてこそプロ|芝刈りをするなら気候を考慮

芝刈り機

樹木を植え付けるとき

住宅

樹木を植え付けたいと考えているが、すでに生えている樹木や切り株が邪魔であることは家庭菜園やガーデニングをしている人なら良くあることだと思います。伐採や抜根をしたいが、業者に頼んでしまうと思った以上に高額になってしまうことが多いです。実は、伐採や抜根は個人でも時間と労力を使えばできる作業です。必要な道具はスコップとのこぎりの2つだけです。行う作業としては、伐採はのこぎりで木の幹を切るだけ、抜根はスコップで掘っていき不要な根っこを切っていくだけです。掘っている時にスコップでは切れない根っこが現れたらのこぎりで切っていきましょう。抜根をする時は、枝の広がりの分だけ根っこが広がっていると言われているので、そのイメージを持ちながら作業していきましょう。

伐採や抜根の作業は非常にシンプルですが注意はもちろん必要です。例えば、伐採をしている時に思わぬ方向に倒れてしまい危うく事故になってしまうことが考えられます。抜根をしている時は、いつまで掘り進めても根が終わらないということは良くあります。そういったことが起きないためにも作業前にしっかりとした計画を立てることが重要です。計画を立てる際には、終わらせるタイミングを決めておくことが大切で、個人では無理だと分かった時の区切りをつけるため、いつまでもだらだら作業を続けることがなくなります。複数人で作業を行うことも大切で、一人で作業を行い思わぬ事故が起きたときに助けてくれる人が必要です。楽しく最後まで作業を続けることができるようになります。無理に作業をしないで、危険だと分かった時は専門家に頼るつもりで作業していきましょう。